認知症の初期症状と接し方の注意点

今や認知症は身近な症状です。手遅れになる前に知識を身に付けて予防しましょう!
MENU

認知症の初期症状と接し方の注意点

物忘れ
加齢とともに物忘れがひどくなっと感じる人が多くなっています。

 

このような現象は、誰にでも起こります。
老化にともなう心の病気である認知症は、脳や身体の疾患が原因で、判断力や記憶などに傷害がおこり、日常生活が送れなくなるような状態なのです。

 

認知症の初期症状では、加齢による単なる物忘れであるのと区別がつきにくいのです。

 

このため専門医を受診することで認知症かどうかの正確な判断が可能です。

 

高齢者の日常の言動や人との接し方などに気を付け、認知症の初期症状を見逃さないようにし、通常と様子が違うと感じたならばできるだけ早く精神科、精神内科、脳外科などに受診し早期に発見することが必要です。

 

特に、高齢者の場合、精神科、精神内科、脳外科などに受診するときには、認知症での受診とは告げづ健康診断などと言って、病院に行くこと言って受診するようにすると納得してもらえます。
家族が付き添うことで医師から正確な内容を知ることができます。

 

 

認知症の初期症状や認知症であることは、本人は自覚していないことが多く、日常生活の中で正確な情報を把握していることが大切です。

 

受診する際には、変化がいつごろからなのかや家族または本にが気づいたかなど、服用中の薬、肉親の病歴などさまざまなことを聞かれることが多いので整理し、メモっておくとよいです。

 

チェックテスト
チェックテストにて検査が行われますが、その結果を総合的に判断して診断が行われます。

 

 

身体的な疾患による一時的な症状である場合には、原因となっている病気の治療が優先的に行われます。

 

初期症状であっても記憶や行動などにいろいろな障害が起こりますが、失われた機能を回復することができないのが現状です。

このページの先頭へ