認知症に対するDHA、EPAの効果とは?

今や認知症は身近な症状です。手遅れになる前に知識を身に付けて予防しましょう!
MENU

認知症に対するDHA、EPAの効果とは?

DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)は共にサプリメントとして広く摂取されている成分で、どちらもオメガ3系脂肪酸に属する成分です。

 

このDHAとEPAは認知症に対する効果があります。

 

血液
まず、DHAについてですが、DHAは血液を固まりにくくします。

 

認知症は血栓の発生によって進行することもあるので、DHAの血液を固まりにくくする効果は認知症の悪化を食い止めると考えられます。

 

 

また、DHAは直接脳組織に働きかける働きもあります。

 

DHAは脳内でNGF(神経成長因子)という物質の産生を促し、脳細胞の働きを助ける効果があります。

 

よく子供ににぼしを食べると頭がよくなるということが言われますが、これはにぼしにDHAが豊富に含まれていて、その働きで脳の働きが活性化するためです。
それと同じメカニズムで認知症の方の脳を活性化し、認知機能を改善することが期待できるのです。

 

 

また、EPAは脳に直接働きかける作用はないものの、血中のコレステロールや中性脂肪の量を減らす働きがあります。

 

これは実際にエパデールという商品名で脂質異常症の治療薬として認可されているので、治療効果は折り紙付きです。

 

EPAが脂質異常を改善することによって血液の流れがスムーズになり血栓ができにくくなります。
これによって血栓形成による認知機能の悪化を防ぐことができます。

 

 

このようにDHAとEPAは認知症の進行を食い止める働きがあります。

 

青魚
青魚にはDHAとEPAが豊富に含まれているので、認知症が気になる方はぜひ積極的に摂取してみてください。

 

食事からの摂取がなかなか難しい方はぜひサプリメントを活用してみてください。

 

こちらのようなサイトが参考になると思います。
http://認知症予防サプリメント.com/

このページの先頭へ